日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど大賞

新人作家大募集!魔法のiらんど文庫から作家デビューしよう!

小説コンテスト

特集

『17歳。』著者Rainさんにインタビュー!

2014.07.30


第7回魔法のiらんど大賞〈金賞〉受賞作『17歳。』が、7月25日に発売になりました♪

超マイペースなゆるふわ女子高生麗奈ちゃんと、一途でキュートでかっこいい熱血教師公平の胸キュンラブを描いた『17歳。』、皆様もう読んでいただけたでしょうか?

今回は、著者のRainさんのことをもっと皆様に知ってほしい!
ということで、担当編集がRainさんに直撃取材を敢行しました!!

担当編集(以下/担):まずは受賞作『17歳。』についていろいろ聞いてみたいなと思います!Rainさんが小説を書き始められたのは、何歳くらいのときからですか?

Rain(以下/R):きちんと書き始めたのは高校3年生くらいのときからだと思います。

:『17歳。』を書かれたのも10代のときと伺いました。小説を書き始めてから、わりと早い段階で『17歳。』の構想があったのですね。作品を思いつかれたきっかけなどありますか?

R:年の差ものを書きたくて。そして、さらに、女子高生が片思いというものではなくて、いい大人の男(20代という、なってみると意外と子供な)が、自由奔放な女の子に振り回されるのに決めました。

:なるほど「年の差もの」というのがテーマだったんですね!
ではRainさんの考えるヒロイン麗奈ちゃんの魅力はどこでしょうか?

R:自分に正直なところ。
自分の中での善悪がハッキリしているのでブレがないこと。
自分の大事なものは何をしてでも守る力があります。
ですが、なによりも、めちゃくちゃかわいいところです。

:確かに麗奈ちゃん、かわいかった!頭の回転が速い子なのに、自分の恋には超鈍感なところとか、見ててにやにやしちゃいました。
次に、Rainさんの考える熱血教師・公平の魅力はどこでしょうか?

R:一途。
ブレない。
不器用ながらも、麗奈を見守り続ける思いの強さ。
なによりも、めちゃくちゃかわいいところです。

:公平の魅力も「かわいさ」なんですね!
でも、すごく分かります。女子高生の麗奈ちゃんに振り回されてやきもきしてる公平は、すごくかわいかったです!
麗奈ちゃんと公平、二人あわせてほんとにきゅんとさせてくれるカップルでした。

続きまして、受賞が決まってからのことを聞いてみたいと思います。
『17歳。』が第7回魔法のiらんど大賞〈金賞〉を受賞したと聞いたときの感想など!

R:本当に驚きました。でも、それ以上にすごく嬉しかったです。
ずっとドキドキしていました。
私以上に、主人が喜んでくれました^^

:デビューの報告はご主人と親友になさったということでしたよね!お二人の反応はいかがでしたか?

R:主人→うわあお!!
親友→ええ!?

:(笑)。非常に分かりやすい答えありがとうございます!
贈呈セレモニーは今年(2014年)の3月に東京で行われましたが、そのときの感想などあれば。

R:華やかなイベントで、これもまたドキドキしました。
綺麗な格好をして綺麗にヘアメイクもしていただいて、とても楽しめました。

:受賞者の皆さん、キラキラしてて、とってもステキなセレモニーでしたよね!
そういえば、受賞したときの賞金で、何かゲットなさったりしましたか?

R:主人とカフェに行く費用に消えたような……

賞金でご主人とカフェに行ったとか!ケーキがおいしそう。

↑Rainさん、賞金でご主人とカフェに行ったとか!ケーキがおいしそう。

:(笑)。仲良しでうらやましいです!
贈呈セレモニーが終わったら、いよいよ書籍化にあたっての原稿の修正作業でしたよね。やってみていかがでしたか?

R:正直、大変でしたね。
「商品」になることへの重大さを感じました。
たったの1冊ができあがるまでに、たくさんの人の力があることに感謝ばかりです。
他の人の意見を聞いて、作品が直されることで、自分の作品がさらにいいものになっていく様子も楽しかったです。

:大変だったかと思うのですが、楽しんでいただけたようでよかったです!
もう一つ、書籍化にあたって、カバーの装丁が気になっていたところかなと思うのですが、カバーイラストを漫画家の雪村ゆに先生が描いてくださいましたが、イラストを見た時の感想などあれば!

R:他の方がなんといおうと、『コレ』です!
私の思い描く麗奈を最上級に表現していただけました。
表紙を見るたびに、感激しています。

こちらが『17歳。』のカバー装丁

↑こちらが『17歳。』のカバー装丁

:麗奈ちゃんの小悪魔感とかキラキラしてる感じとか、すごくいい感じに表現していただけましたよね。
原稿の修正やカバーの決定などを経て、いよいよデビュー!となったのですが、何かご自身の中で変わったことなどありますか?

R:「商品」になることへの、責任というか、意識が変わりました。
手に取っていただいた「誰か」のために、読み終わったあとに「何か」を残したいという気持ちが芽生えた気がします。

:新しい作品でも、読者の皆さんに楽しい気持ちになっていただきたいですよね。
現在も書籍用の書き下ろし新作や、魔法のiらんどサイト用に執筆を続けておられると思うのですが、新しい作品の内容は、どんなときに思いつかれますか?

R:ふとしたときです。
とくになにも考えずに。とりあえず、まずは登場人物から考えます。

:あ、でもすごく大事ですよね。魅力的なキャラクターたちが、どんなステキなお話を紡いでくれるのか……これは物語を読むときに楽しみなことのひとつです。
では、「小説書くときにこれがぜったいマスト!」というアイテムはありますか?

R:私が小説を書くうえで、まずかかせないものはズバリ「息抜き」です。
これなしでは長編など書くことは無理ですね。
例えば、カフェに行ったり、タピオカミルクティーが好きなので買いにいったり。
ネイルが好きなので、ネイルをしたり。家庭菜園を始めたり。
息抜きをしっかりすると、不思議とどんどん手が動きます。

ちらっと写ったネイルも可愛いです。

↑ちらっと写ったネイルも可愛いです。

息抜きの家庭菜園。いろんな種類がありますね。

↑息抜きの家庭菜園。いろんな種類がありますね。

:やっぱりインプットがないとアウトプットもできないですし、息抜きはすごく大事ですよね。
担当編集的には、Rainさんの言葉のチョイスやリズムの作り方がとても好きなのですが、小説を書くときにこだわっている部分とか、気を付けている部分などありますか?

R:なんでしょう?
あんまり意識したことないですけど、嬉しいです><
ありがとうございます。
でも、リズムは気にしてるかもしれないですね。

:読みやすい、軽快なリズムだなといつも思います。
小説の執筆以外でもRainさんをもっと知りたい!ということで、執筆に関わらず、お気に入りのアイテムなどあれば、教えて下さい。

R:昔から美容と健康に強い関心があり。
今は、白米も朝と昼それも80gと決め、野菜と果物をたくさんとり、和食中心を心がけています。
おやつは豆乳やナッツ類。また、筋トレとたんぱく質の摂取も心がけ、毎日生活を送っています^^
体重計は1日6回以上は乗ります。
美意識を人の3倍は高くいることを中学生の頃からずっと心がけているつもりです。

:『17歳。』の麗奈ちゃんも、すごくかわいくて、かわいさを保つためにちゃんと頑張っている女の子でしたもんね。お話作りにも美意識が生かされてるなあと思いました。

ここまでいろいろお話伺ってきたのですが、最後にHPを見ておられる読者の皆様にメッセージをお願いします!

R:みなさま、初めまして。
そして、いつも応援してくださっているみなさま。
このたび、『17歳。』という作品が書籍化されることとなりましたのも、日頃からたくさんの読者様に作品が読まれ続け
たくさんのあたたかいお言葉で、支えてくださったおかげだと、今はハッキリとそう感じています。
『17歳。』という作品は、10代の一番大切な時期の女の子を主人公とした作品です。
共感や、憧れ、ときめきなど、いろんな想いをつめこんであります。
主人公麗奈を通して、ぜひ『17歳。』の世界観を見ていただきたいです。

:Rainさん、今日は貴重なお話、ありがとうございました!そして読者の皆様、文庫用の新作も執筆していただいてますので、引き続きよろしくお願いします!!

♥『17歳。』特設サイトはコチラ!

『17歳。』

Rain書き下ろしのショートストーリー公開中!
『17歳。』本編無料立ち読みなど、スペシャルコンテンツ盛りだくさん♥

今すぐCheck!

最新記事

PAGE TOP