日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど大賞

新人作家大募集!魔法のiらんど文庫から作家デビューしよう!

小説コンテスト

特集

第7回<大賞>受賞作『リキ ―もう一度、君の声を聴かせて―』が出来るまで♪<第1回 本文が出来るまで>

2014.07.02


素晴らしい作品が数多く集まり、とても白熱した第7回魔法のiらんど大賞。
その中で見事、≪大賞≫を受賞した『リキ』がついに7月25日に発売となります!

それを記念しまして、普段なかなかお見せすることのない、“本が出来るまで”を皆さまにご紹介したいと思います!

◆第1回 ~本文が出来るまで~

本は大きくパーツで分けると、
・本文
・表紙
・カバー
・オビ
で基本的に成り立ちます。

今回は、その中でも一番重要な“本文”の制作過程をご紹介します!

☆1 打合せ

ユニモンさんと担当編集者で、修正の打合せ

魔法のiらんどの本は、基本的に著者さんがサイトに掲載した小説を本にまとめていますが、既にサイトで読んでいた読者の方々でもより一層楽しめるくらい、内容を修正・加筆しています。
これは、もちろん『リキ』も例外ではありません。
ユニモンさんと担当編集者で、どうしたらより一層読者の方々に面白く思ってもらえるか、時に白熱しながら、時にゆっくりお茶を飲みながら、修正の打合せをします。

☆2 入稿~ゲラ出稿

そんな打合せを経て、ユニモンさんの修正・加筆が完了した原稿を印刷所に「入稿」します。
最初は、ただプリントアウトしただけだった原稿が……

ただプリントアウトしただけだった原稿が……

印刷所に入稿すると、一気に“本っぽく”なって出てきます!

一気に“本っぽく”なって出てきます!

この“本っぽく”なった状態の原稿は、「ゲラ」と呼ばれます。

☆3 校正

「ゲラ」となって出てきた原稿ですが、この段階では実は、まだまだ未完成です。
ユニモンさんと担当編集者だけでなく、“校閲者”と呼ばれる方と一緒に、
・内容に矛盾はないか
・誤字脱字はないか
・より良い表現はないか
等々、細かい部分をチェックしていきます。

そして、その指摘や疑問点を鉛筆で入れた「ゲラ」をユニモンさんに送り、赤字で修正を入れてもらいます。

「ゲラ」をユニモンさんに送り、赤字で修正を入れてもらいます

そして、赤字が入った「ゲラ」を印刷所に送り、修正が反映された新たな「ゲラ」を出してもらい…
さらにもう一度、ユニモンさんと校閲者さんと担当編集者で同じようにチェック&修正作業をしていきます。

この作業は、一般的に「校正作業」と呼ばれます。

☆4 校了

とても長い「校正作業」を経て、修正を終えた原稿を印刷所に渡すと、「白焼き」と呼ばれる状態になって出てきます。

「面付け」という、実際に本として印刷されるときと同じ形になっています

↑「面付け」という、実際に本として印刷されるときと同じ形になっています。

正しく切って折ると、ちゃんと本らしくなります

↑正しく切って折ると、ちゃんと本らしくなります。

そしてこの「白焼き」でも、最後にもう一度、ミスがないかをしっかりチェックします。

ミスがないと確認できた「白焼き」に、“校了”(「もう、本として印刷しても問題ありません」という意味)と書いて、印刷所に送れば…
ついに、とてもとても長かった、本文制作の作業は完了です!
あとは、印刷所さんが頑張って、とても丁寧に、本にするための印刷・製本をしてくれます。

******

普段何気なく読んでいる本が、実は沢山の作業を経て出来あがっていたことを、少しお分かり頂けたでしょうか?

第2回は、本屋さんでまず最初に目に入るもの……
“カバー”の制作過程についてご紹介します!

◆φ(・ω・ )もっと見る!
第2回 ~カバーができるまで<撮影編>~はコチラ

第3回 ~カバーができるまで<デザイン編>~はコチラ
最終回 ~付物ができるまで~はコチラ

7月25日発売!第7回<大賞>受賞作『リキ ―もう一度、君の声を聴かせて―』書籍情報はコチラ

最新記事

PAGE TOP