日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど大賞

新人作家大募集!魔法のiらんど文庫から作家デビューしよう!

小説コンテスト

魔法のiらんど大賞


大賞

『鈴蘭学園物語I』シグレ

STORY

15歳でたった一人の肉親を失い、天涯孤独となった誠。そんな誠が入学したのは奨学制度が充実した、全寮制の名門・鈴蘭学園。THEセレブしかいない学園は超豪華絢爛! 期待と不安を胸に、誠が入寮したのは――まさかの男子寮!! しかも、「お前うぜぇ」ルームメイトは超ワイルドな一匹狼(♂)で…!? 絶対的王様、微笑のプリンス、金髪ヤンキーetc、クセのある十人十色のイケメン軍団に囲まれた誠の、超々キケンな学園生活が始まった!

応援コメント大募集

第9回受賞作

作品の感動や作者さんへのメッセージを自由に
コメントしてね!
あなたの言葉が書籍の帯やPOPになるかも!?

受賞コメント

この度は数ある作品の中から鈴蘭学園物語Ⅰを受賞作に選んで頂き、誠にありがとうございます。
応募してから結果が出るまでの約一年間、不安と緊張でハートがはち切れそうでしたが、何とか最後まで闘い切る事ができました。
それもこれも鈴蘭を応援し、支えてくれた読者さま方のお陰です。
受賞はもちろん嬉しいですが、読者の皆さまにいい報告ができる事が何より嬉しいです。
鈴蘭に出会って下さり、応援して下さり、本当に本当にありがとうございました。
みんな愛してるぜい!


〈シグレ〉

選評

天涯孤独となった主人公・誠が、手違いで男子寮に入ることから始まる、ノンストップ逆ハーハイテンションラブコメディ。どんな困難にも、持ち前の明るさと前向きさで一生懸命立ち向かっていく誠は好感度バツグン。読んでるこっちまで元気にさせられます。そんな太陽みたいな誠に、個性豊かな男子寮のイケメンたちもどんどん惹かれていって……?時に大爆笑、時にシリアス、ストーリーの運び方にも工夫が感じられ、読む手が止まりませんでした。愛とパワーで読者を魅了してくれた、誰もが夢中になれる、圧巻の大賞作です!


〈魔法のiらんど文庫編集部〉

応援コメント

unicorn

1人1人のキャラクターが魅力的で、人間味があるところが大好きです。特に主人公の誠は自分をしっかり持ってる凛とした女の子で私も憧れずにはいられません!!また、本来ありえないような非現実なストーリーも作者の文章力によって、あたかも現実で起きているような気がしてくるからとても不思議です。鈴蘭学園は私が1番大好きな作品です。書籍化されることを熱望してます!!

金賞 

『性少年とプラトニック少女』明日央

STORY

彼氏と気持ちだけで繋がっていたい高校2年生の麻生は、保健室で同じ学年の永田とセフレのラブシーンに遭遇してしまう。爽やかな印象の永田は、体の関係でしか女の子を信じられないらしい。「すごい抱きたい」…… 迫ってくる永田に惹かれながらも、拒絶してしまう麻生。それでも以前と変わらず飄々として綺麗で優しい永田。だけど彼にはある心の傷があった――。

受賞コメント

このような素晴らしい賞をいただけて、とても光栄です。数年前から大賞に作品を応募してみたいと思っていたのですが、なかなか踏ん切りがつかず毎年結局何もしませんでした。今年やっと応募するぞと決心し、大賞に参加させていただきました。この作品は数年前に完結したのですが、多くの方に読んでいただけて、勿体無いような素晴らしい賞までいただけて、とても有り難い気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


明日央 あすお

選評

好きな人と“そういうこと”をするのが怖くて汚いと思っている主人公の麻生と、いつも違う女の子を抱いている永田。正反対の2人が惹かれ合っていくストーリーはまさに1ページ目から衝撃的。心では好きなのに、どうしてもその先に進めない麻生の揺れ動く気持ちは、女の子なら誰もが共感できるのでは。女の子に甘く迫る永田は、爽やかだけどミステリアスで……相当ドキドキさせられました。さらに、脇を固める麻生の男友達や元カレの描写や出し方もとても上手。切なくて危うい高校生たちの恋に夢中になりました!


〈魔法のiらんど文庫編集部〉

応援コメント

タルギ

色んな女の子を抱く彼と、そういう行為が嫌な女の子がひょんなことから出会って本当の恋を知る。という切ないところも、きゅんとするところもあるとても心が揺さぶられるお話でした!本当に面白いお話でした!

銀賞 

『ミライニッキ』月森みるく

STORY

高2の杏奈は転校先の図書室で1冊のノートを見つける。それは何も書かれていない、真っ黒なノートだった。どこか不気味な雰囲気を持つそのノートに、誰のものか分からない書き込みが記されるようになる。そこにはクラスメイトの死が予言されていた……。
そして、杏奈のクラスで起こる惨劇の数々。そのノートは、書きこまれたことが必ず実現するという、予言の日記だった――。

受賞コメント

この度は、このような素晴らしい賞を頂き、ありがとうございます。コメントを書いている今でも夢なのでは?という気持ちでいっぱいです。今まで書き続けてこられたのは、読者の皆様、時に悩みを聞いて励まして下さった方々のおかげです。感謝しても感謝しきれません。本当にありがとうございました。


月森みるく つきもり    

選評

なによりも「ミライニッキ」というアイテムが輝いていました。この1冊のノートと出会った主人公が体験していく恐怖と緊迫感。そして次々と起こる謎めいた事件と、予測不能な展開に、読む手が止まらなくなりました。ひさしぶりに手に汗をにぎるホラー作品です。本当に怖いのですが、もしも、本当にこのミライニッキと出会ってしまったら…と読む側に想像させてしまうパワーを持った物語でした。


〈魔法のiらんど文庫編集部〉

応援コメント

神楽

最近恋愛ものばっか読んでたけど、久々にホラー読んだらすっごく楽しめた!でも、けっこー恐かったから注意(llllll゚Д゚)!!!!

魔法のiらんど大賞に関するお問い合わせ



PAGE TOP
PAGE TOP